ネコ1匹目

  • Day:2016.06.04 01:00
  • Cat:

ネコ

うちには完全に室内飼いの家猫と玄関まで入ってくる外猫がいます。
最近、外猫のクロが舌を出しっぱなしにしているという妙な挙動を見せていました。

クロ

気になってネットで調べましたが、「そういう癖の猫もいる」という結論で納得していました。

しかし、どうにも違和感が拭いきれなかった為、寝ている隙に口の中を確認。

あー…

上顎の前歯がありませんでした。
舌出てくるよね、そりゃ…。

猫にも犬歯以外に小さくて目立ちませんが小さい前歯があります。
前歯

それがごっそり抜けていました。

焦ってネットで色々調べましたが、猫は歯周病で歯が抜ける事があるそうです。
クロの場合は口内がかなり荒れていたので歯周病のようで、歯が抜けるほど進行してしまっていたようです。

そういえばあまり食欲もありませんでした。口の中が痛くて食事したくてもできなかったんでしょうね。
重度化する前に気づいてやれなくて申し訳ない。

ネット情報だと猫の前歯はかなり退化しており抜けやすいとの事。前歯が何らかのトラブルで抜けてしまう猫も珍しくは無いようです。
救いだったのが、飼い猫は食べ物をほぼ丸呑みするので歯の欠損はそれほど致命的ではないという情報でした。


最悪の場合、歯が無くても生きてはいけるにしても、まだ若い猫なのにこれ以上歯周病が進行して歯が無くなるのは居たたまれないので獣医へ連れて行きました。

猫は車で遠出すると道中でショック死しそうなくらいパニックを起こすのであまり獣医には連れて行きたくないんですよね。
連れて行くときは余程の理由があるときなんですが、今回はそうでした。

獣医の先生曰くかなり酷い歯肉炎で、原因は猫エイズ等の感染症による免疫不全、又は細菌等が原因との事。
とりあえず状態が悪いとの事で、根本的な治療は行わずに炎症止めの注射と薬を処方されました。
根本的な治療はしていない為、今後も炎症が酷くなるようであれば歯石取りや抜歯等の処置も必要と言われました。

経過を見て判断していきたいです。

普段みない猫の口の中にも飼い主として注意を配らなければならないという教訓になりました。
口臭等で気づくとこもあるようですが、外猫なので気づいてやれませんでした。


不安になって他の猫の歯も確認してみましたが、シロが何本か前歯が抜けたすきっ歯であることが判明した以外は異常はありませんでした。

白

シロは家猫ですが、元は外猫だったので、外の過酷な環境で何本か抜けてしまったのかもしれません。
口臭は魚臭いですが、歯茎は腫れていないようなので大丈夫っぽいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。